人間ドックを受けるときには

人間ドックというのは、自覚症状の有無に関係なく、定期的に総合病院やクリニック、検診センターなどの医療機関でさまざまな項目の精密検査を受けるものです。医療機関としては、全てのところで行っているわけではないので、情報を集めて実施しているところを探すようにします。自分が受けた項目のある医療機関で、そのコースを選び、申し込みをしていきます。人間ドックというのは、かなり混み合うことがあり、なかなか予約が取れないこともあるので、早めに予約をしておくようにするといいでしょう。

日時が決まったら、医療機関からその連絡と検査キットと問診票などが送付されます。それに従って、事前に準備をしていきます。検査の数日前から検便の準備をします。そして、前日は消化のよいものを食べて、夜から飲食を控えるようにします。

そして、当日は検尿をして、何も食べずに出向きます。その際、記入した問診票と検体を持参するようにします。当日、実施の医療機関では、身体計測や血液、血圧、眼圧、視力や聴力、胃や肺のX線、内臓のエコーなどを行っていきます。選んだコースによっても、受診項目が異なります。

検査が終了したら、専門の医師から結果についての指導があり、異常があれば再検査や治療などを勧められるようになります。人間ドックでは、終了後にランチ券などが出ることもあり、それを楽しみにしている人もいるのです。検査で何もなければそれに越したことはないのですが、病気の早期発見にも役立つものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です