人間ドックは定期的に受診すると効果が上がる

人間ドックは、身体の様々な病気について早期に発見でき、生活習慣の乱れによる病気の予防にも効果があります。しかし、1回受診して何も問題がなければ、それで安心できるわけではありません。人間の身体は日々変化していくものですし、人間ドックの検査と言っても人間の行うことですから完全ではなく、見落とす可能性もあるからです。人間の身体は日々変化していきます。

身体の中の細胞は新陳代謝を行ってどんどん新しいものに変わっていきます。また、人間ドックの主な受診対象とされる中年以降の方たちは、老化現象もあって、次第に身体の機能が衰えていきますし、生活習慣病にもかかり易くなります。人間ドックで行う検査は、病気や、病気になる恐れのある状態を発見することを第一の目的としていますが、極初期の段階の病気は発見できない可能性もあります。特にガンの初期段階では、ガン細胞は極めて小さなものであり、発見しにくいものです。

また、発見しにくい場所にガンができている可能性もあります。このような理由から、人間ドックは定期的に受診することが望ましいのです。前回の検査では異常がなくても、次の検査では異常が発見されることもあります。また、前回の検査では見逃されてしまった病気の初期症状も、定期的に受診することで発見できる可能性が上がります。

従って、1回受診して異常がなかったからと言って安心してしまわず、定期的に受診することで効果が上がります。一般的には、1年に1回の受診が推奨されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です