ストレスチェックを健康診断と一緒に実施しよう

2015年度末から制度化されたストレスチェックは、常時50名以上の従業員を雇用する企業に義務付けられた新しい制度です。少なくとも1年に1回従業員に対してストレスチェックを受ける機会を提供する必要があるため、多くの企業が対応に迫られています。しかしながら1年に1度実施しなければならないと言うこの仕組みは健康診断に似ている部分があります。そのため健康診断を実施している医療機関の中には同時に実施することができるようにサービスを提供しているケースが少なくありません。

社内に産業保健スタッフを雇用しており、内部での対応が可能である大企業を除けば、ほとんどの企業においてストレスチェックを担当するのに十分なノウハウを持っている従業員がいないというのが現実であると言えるでしょう。そのため最も効率的に実施を考えているのであれば外部に委託すると言う選択肢を除外することができません。外部委託と考えると非常にコストがかかると言うイメージを持つ人もいますが、結果の管理や発行等の手間ひまを考えた場合、社内で無理に実施するメリットはほとんどないと言えるでしょう。そこでお勧めできるのが健康診断との同時実施です。

健康診断を行うための準備業務はストレスチェックの実施のために必要な作業とかなりの部分で共通します。そのため1つの作業で2つの仕事を片付けることができると言う点において非常に効率的であると言えるのです。コスト面も安く抑えることができる場合もありますし、しっかり行いたい場合においても必要な医療スタッフを抱えているのが健康診断実施機関です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です