期間工職員のニーズについて

期間工職員の募集は景気の動向に左右されますが、製造業の現場において活発に行われています。このような職種が必要になる背景には安い労働力ではなく、調整可能な労働力が必要とされている製造業の現場の事情というものがあります。製造業の現場では需要に対して過不足のない労働力の確保が課題であり、状況に応じて調整が可能な労働者が必要となっているのです。もしも生産量を増やしたいのであれば労働者を雇用すれば良いといえますが、生産量を減らしたいからといってリストラを気軽に行うということはできません。

そのため調整可能な労働力を確保すると言う意味において契約期間に定めのある労働者である期間工が必要となるのです。期間工と言う仕事はこのような事情から契約期間が採用の段階から明確に決まっていると言う特徴があります。したがって不安定な仕事であると言う見方ができるのです。しかしながら実際にはそのような不安定さを補う高い収入が見込まれており、地方からの出稼ぎ労働者等にとって魅力的な仕事の受け皿として機能しています。

例えば地元に季節性のある本業を持っている人が、1年のうち特定の期間だけ工場で働きたいと考えた場合に期間工職員と言う待遇は一般のアルバイト待遇よりも格段に恵まれた条件で雇用されるという特徴を持っています。また製造業の現場によっては寮を併設する形で期間工の人が働きやすいように環境整えている場合もあります。このように魅力的な仕事として確立されています。

Filed under: ビジネス/オフィス, 期間社員, 静岡Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website